田原市博物館 特別展 近世能装束の世界 用の美〜武家貴族の美意識

平成29年7月15日土曜日から12月10日日曜日

開館時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(※月曜日が祝日の場合は翌日休館)
入館料 一般600円(480円)、小・中学生無料
・( )内は20人以上の団体割引料金
・毎週土曜日は高校生も無料
※吉胡貝塚資料館との共通券もあります。
※7月15日(土)展覧会初日は午前10時30分開催の開会式終了後、
 無料公開

「能」は世紀に大成された日本を代表する伝統芸能で、武家文化を中心に発展し、能面は、桃山・江戸時代初期に、能装束は江戸中期世紀に武家式楽として磐石の地位を得た時に完成しています。

近世の能面・能装束には各々の曲に必要な位があり、能面は豊かな表情を創り出し、能装束は品位のある優麗・静寂・端正な美しさがあります。脆弱な絹糸・色彩などの素材は、移りゆく時の流れによって退色と質感の変化、そして舞台装束の宿命である皺や傷みが生じます。修復による変化は一時限りの深い情致を薫らせ、能曲に登場する人物の奥深い内面に潜む微妙な心と唯一相応します。この移ろいは時代を超え、人々に深い感銘を与え続けます。能装束の復原、制作により、能楽文化に貢献されている山口能装束研究所のご協力をいただき、文武両道を極めた武家貴族の優れた美意識に裏打ちされた高い教養と精神性が結実した能装束・能面の「用の美」を紹介します。